top of page
  • mitonomachinaka

第21回水戸まちなかデザイン会議を開催しました



 7月29日(土)、第21回水戸まちなかデザイン会議を開催しました!

 今回のテーマは「大通りの活用について考えよう!」です。今年度の社会実験の大きな柱として歩道の一部を占用し、思わず歩きたくなるような空間活用にするため、大通りの歩道活用のアイデア出しを行いました。

 本会議では会場に13名、オンラインに3名、全体で16名が集まりました。そのうち2名は初めての参加者で、新たな交流・つながりが生まれました!

 会議の様子は、水戸まちなかチャンネル(YouTube)にてご覧いただけます。


 


1.昨年度までの振り返り


 令和2年度に設立された「水戸のまちなか大通り等魅力向上検討協議会」のこれまでの活動内容について、時系列で紹介しました。


〈協議会設立~令和3年度〉



 

〈令和4年度〉



 


2.今年度の取り組みについて


 今年度は日常に直結する取り組みとして、道路を占用して歩道の利活用に着手します。

歩道は本来通行のための空間ですが、歩行空間を確保しつつ、柔軟な活用が期待されているところでもあります。将来的には「ほこみち制度(歩行者利便増進道路)」の指定も視野に入れ、水戸のまちなかに多様な「挑戦の場」をつくります。



 


3.大通りの歩道活用のアイデア出し


・居心地よく歩きたくなるまちなかには何が必要?

・今のまちなかに足りない物は?

・何かを配置する?どこにどんなものを?

・どんなひとのために?

・誰が維持・管理する?

・こんなところがあったら使いたい!

など、現地2グループ・オンライン1グループに分かれて自由に話し合いました。





 話し合いで出たアイデア(一部抜粋)


 課題 

アーケードが南町3丁目にしか設置されておらず、日差しを遮るものがないため、猛暑や雨など悪天候の中では歩きにくい


⇒日除け等の暑さ対策


・建物と街灯の間にタープ等を括り付け、ひさしを作成

・ミストシャワー

・木陰の活用

・子供の水遊び場として、小川や足の高さほどのプールを設置


 課題 

商店街管理の植栽はあるが、景観的に緑が不足している

⇒緑を増やしたい

・もとの綺麗な植栽を活かしたオリジナル感のあるパークレット、それに合わせたデザインの椅子

・人工芝

・ガーデニングコンテスト


 課題 

歩いて移動する中で、立ち止まって休めるような退避場所、滞留空間が不足している

お手洗いが少ない

⇒溜まり場・歩く中での休憩場所をつくる、バス停スペースを活用する

・休憩がてら気軽に食べられる軽食販売

・キッチンカー

・チャレンジショップ

・リヤカー屋台

・給水場所を設置してマイボトルを推進

・井戸水を活用した給水

・ヨギボー

・フリーWi-Fi

・ベビーカー、お子さん連れの方向けスペース

・飲食スペースとして椅子とテーブルを設置

・地上機を活用したテーブル

・持ち帰りできる本棚


 課題 

自転車で大通りを移動する人も多いが、自転車を停められる場所がないため立ち寄ることなく通過されてしまう

⇒自転車利用者の利便性を高める

・駐輪場

・タイヤの空気入れ

・シェアサイクル「みとちゃり」のポート

・ロードバイク用の駐輪スタンド

・自転車を停められる場所を明示した看板

・m-workに勉強スペースを用意し、付近に自転車置き場を設置


 課題 

どのようなお店があり、何をしているのか分かりにくく、立ち寄るまでに至らない

⇒どのようなお店があるのか一目でわかるような工夫を施す

・建物の2階以上や裏通りにあるお店への誘導表示

・幅の狭い占有箇所の有効活用し、看板を設置

・地上機に広告を貼る

・デジタル案内板

・デジタルサイネージによるアート展示や広告表示を行い、広告料を収益にする


 課題 

大通りが通過するだけの「道」として機能しており、「目的地」になっていない

⇒イベント、遊びの仕掛けを企画する

・麻雀、オセロ用スペース

・「みとちゃんをさがせ」

まちに隠れたみとちゃんを見つけ、地上機等に設置した地図にシールを貼ってもらう

・子供向けのみちあそびイベント

・チャレンジショップ

・フリーマーケット

・流しそうめん

・歩道ヨガ

・健康グッズ

・歩道アスレチック


 課題 

7月に市民会館が開業したが、周辺への観光客の波及に課題がある

まちなかが独自性に乏しい

⇒市民会館への連続性を高め、アートのまちとしての要素を取り入れる

・テナントビル及び歩道でポップアップ展示を行う

・壁面/路面アート

・フリーボードを設置してお絵描きスペースに

・路面に黒板を設置し、落書きスペースに

・カラーフラッグ等を設置し、まちを一色に染める

・バス停の待合椅子や木陰用のサンシェードのデザインを、地元の学校と共同で取り組む


 


少しでもこの取り組みが気になったみなさん

ぜひ参加してみませんか♪



水戸まちなかデザイン会議は、水戸のまちなかの再生に向けて

活動するオープンプラットフォームです。

随時参加者を募集中!


次回は8月下旬に開催予定!

詳細が決まり次第、お知らせします。ぜひご参加ください!


InstagramやFacebook、TikTok、TwitterなどSNSへの投稿もよろしくお願いします!



 #(ハッシュタグ) 



閲覧数:78回1件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page